お知らせ詳細

2023/03/10

■3月12日(日)に鵜殿のヨシ原焼きを実施しました

 

3/12(日)に、鵜殿のヨシ原保存会、および、上牧実行組合によりヨシ原焼きを実施しました。

 

ヨシ原の保全に必要なヨシ原焼きに、ご理解とご協力をありがとうございました。 

2023/03/10

■3月12日(日)の鵜殿のヨシ原焼きの実施が決定しました

 

天候により、2度順延されたヨシ原焼きを、3/12(日)に実施します。

 

【日時】3/12(日)9:00-

【場所】大字鵜殿から大字上牧までの淀川河川敷

 

火入れをすることで、害虫・害草を抑え、絶滅危惧植物などが育つヨシ原の自然環境が守られます。

また、枯草や枯葉が少なくなり、不慮の火災を防ぐ役目も果たしています。

 

ヨシ原内の植物は、火入れの前にチップ化されています。

植物が立ち枯れている状態で火入れをすると、炎が大きく立ち上がり、灰が飛散しやすくなります。

このため、実施団体の負担で民間業者に委託し、事前に火入れ場所全域ですべての草を刈り倒して、チップ状に粉砕し、灰の発生を抑えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2023/02/24

■2月26日(日)の鵜殿のヨシ原焼きは順延となりました。

 

2023年2月26日(日)に予定されていました鵜殿のヨシ原焼きは、降雨にともなう現地の状況を踏まえ、順延となります。

 

【順延日】2023年3月12日(日)9:00-

 

2023/02/17

■2月19日(日)の鵜殿のヨシ原焼きは順延となりました。

 

2023年2月19日(日)に予定されていました鵜殿のヨシ原焼きは、雨天が予想されるため、順延となります。

 

【順延日】2023年2月26日(日)9:00-

*天候などにより順延することがあります。

これ以降の順延日:3月12日(日)

 

2022/12/09

■2023年の鵜殿のヨシ原焼きの日程

 

2023年の鵜殿のヨシ原焼きの日程が決まりました。

ヨシ原の保全を目的として実施されるものです。

 

 【日にち】2023年2月19日(日)9:00-

*天候などにより順延することがあります。

順延日:2月26日(日)、3月12日(日)

【実施団体】鵜殿のヨシ原保存会、上牧実行組合

 

2022/02/13

■鵜殿のヨシ原焼きが実施されました 

 

2月13日(日)に、「鵜殿のヨシ原保存会」「上牧実行組合」により、2年ぶりにヨシ原焼きが実施されました。

 

周辺地域への影響を最小限とするため、例年どおり、立ち枯れたヨシ等を粉砕して事前準備を行い、当日を迎えました。

前日まで晴れが続いたことで、ヨシ原がしっかり乾燥し、十分に火入れすることができました。

 

 

2021/10/28

2022年2月13日(日)鵜殿のヨシ原焼きが行われます。

 

鵜殿のヨシ原保存会及び上牧実行組合によりヨシ原焼きが行われます。

 

2月13日(日)午前9時から正午頃

雨天または強風の場合は、2月20日(日)、2月27日(日)、3月13日(日)に順延されます。 

  

 

2021/02/19

■立ち枯れたヨシを刈り取りました。

 

今年のヨシ原焼きは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止となりました。

例年、ヨシ原焼きを実施する際には、事前に立ち枯れたヨシをチップ化し、灰が飛びにくい状態にしてから火を入れます。

今年はチップ化する前にヨシ原焼きの中止が決定したため、立ち枯れたままの背の高いヨシがたくさんヨシ原に残ったままの状態でした。

このままの状態では、新しいヨシが育ちにくいため、鵜殿のヨシ原保存会・上牧実行組合が、2/17(水)・18(木)に立ち枯れたままのヨシを刈り取りを行いました。

 

 

2021/01/07

■今年の鵜殿のヨシ原焼きは中止となりました。

 

例年2月頃に実施されている鵜殿のヨシ原焼きですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況を踏まえ、中止となりました。

  

 

2020/02/23

■鵜殿のヨシ原焼きは中止となりました。

 

2月23日(日)に予定されていました鵜殿のヨシ原焼きは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防のため、中止となりました。

  

 

2020/02/13

ヨシ原焼きは順延となりました。

 

2月16日(日)に予定されていましたヨシ原焼きは、現在のヨシ原の状況、および、週末にかけての天気を考慮し、順延となりました。

 

順延日

【日にち】2月23日(日)

【時間】午前9:00-正午頃

 

 

2020/01/17

2020年2月16日(日)鵜殿のヨシ原焼きが行われます。

 

今年も鵜殿のヨシ原焼きが実施されます。

 

【日にち】2月16日(日)

【時間】午前9:00-正午頃

雨天又は強風の場合は、2月23日(日)に順延されます。

 

高槻市ウェブサイトでは、「ヨシ原焼き位置図」がアップされています。

http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kakuka/machi/norinr/oshirase/1455493947913.html

 

 

2019/02/17

■2019年鵜殿のヨシ原焼き

 

今年も、鵜殿のヨシ原焼きが無事に行われました!

お天気に恵まれて乾燥した抜群のコンディションのヨシ原に、適度な風が吹き、瞬く間に火が燃え広がりました。9:00に点火し、10:00前には焼き終わったほど。

 

あとはちょうど良い気候となり、ヨシがすくすく育つことを祈るばかりです。

 

 

2018/07/10

■地震・豪雨

 

地震・豪雨と災害が続いている大阪・高槻市。

篳篥用ヨシの採取やヨシ原の維持に関わる方たちは、全員無事です。

先日の大雨では、ヨシ原は、地面を切り下げて低くした部分は水に浸かりましたが、篳篥用ヨシが育つエリアは冠水しませんでした。

 

夏の日差しを受け、今年もヨシ原では、ヨシやその他の植物がぐんぐん伸びています。

 

 

2018/02/1

■2018年の鵜殿のヨシ原焼き

 

ヨシ原を維持するために欠かせない鵜殿のヨシ原焼き。

「鵜殿のヨシ原保存会」と「上牧実行組合」によって、今年も実施される予定です。

点火は朝9時から。お天気に恵まれて、しっかり焼くことができますように!

※悪天候の場合は3月11日(日)に延期です。

 

▼ヨシ原焼き

【日時】2018年2月25日(日)午前9時から正午ごろまで

【場所】大阪府高槻市 大字鵜殿から大字上牧までの淀川河川敷

 

【参考URL】ヨシ原焼き実施に伴う交通規制等のご案内http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kakuka/sangyou/kankyour/oshirase/1455493947913.html

 

 

2017/02/26

■鵜殿のヨシ原焼きが実施されました

 

2月26日(日)に、「鵜殿のヨシ原保存会」「上牧実行組合」により、ヨシ原焼きが実施されました。

昨年は、雨天により順延されたものの、順延日も雨降りとなり、結局実施されませんでしたが、今年は快晴の中、勢いよく燃え上がり、無事に焼くことができました!

 

昨年は順延日が1日のみで焼くことができなかったこと、そしてヨシの生育のために、今年はなんとしても焼きたいという地域の意思により、順延日が2日間設定されていました。

 

 

2016/04/11

つる草抜きを実施しました

 

4月10日(日)に、ヨシ原にて、”つる草抜き”を行いました。

「鵜殿のヨシ原保存会」「上牧実行組合」、そして雅楽に関わる方たちなど、総勢39名にご参加いただきました。

おかげで、たくさんのつる草を抜くことができました!

また、一緒に活動をすることで、地域と雅楽奏者との接点が生まれる機会ともなり、とても意義のある場となりました。

ご参加くださったみなさま、そして、情報のシェアなどをしてくださったみなさま、どうもありがとうございました。

 

つる草が根を張る前の今が、もっとも抜き取りやすい時期。

 

6月頃までに継続してつる草抜きをすることで、より篳篥用ヨシが育ちやすい環境となります。

 

 

ヨシ原つる草抜きチラシ
ヨシ原つる草抜きチラシ

2016/03/10

■ヨシ原つる草抜きの参加者募集!

 

雅楽の楽器「篳篥」の蘆舌(ろぜつ、吹き口のこと)は、植物のヨシが材料です。

大阪府高槻市の淀川河川敷にある、一般に「鵜殿(うどの)のヨシ原」と呼ばれる場所で、篳篥用のヨシは採取されています。

そのヨシ原で、篳篥用のヨシが育ちやすい環境を整えるための「ヨシ原つる草抜き」を行います。

 

長年にわたりヨシ原を維持管理してきた高槻市上牧町・道鵜町の地域の方たち(篳篥用のヨシを刈っている方もいらっしゃいます)と一緒につる草抜きをします。

ぜひご参加ください!

 

【日時】2016年4月10日(日) 10時~12時

 ※雨天中止 中止の場合は当ウェブサイトでお知らせします。
【集合場所】国土交通省 近畿地方整備局 淀川河川事務所 山崎出張所入口
  高槻市上牧町4-55-1 ※阪急京都線上牧駅徒歩20分
【費用】500円(保険代)
【持ち物】 軍手、汚れても良い服装、スニーカーなどの動きやすい靴、飲み物
【お申し込み/お問い合わせ】雅楽篳篥蘆舌材料生産技術保存会 準備会
 お問い合わせフォームまたは、emailかFAXでお申し込みください。

 email:info@rozetsu.com FAX:072-669-2512
 氏名・住所・連絡先電話番号・年齢のほか、 「つる草抜き希望」とお書きください。

 

カナムグラに巻き付かれるヨシ
カナムグラに巻き付かれるヨシ

 

●なぜ、つる草抜きが必要なの?

ヨシ原は、「鵜殿のヨシ原保存会」(高槻市道鵜町)と「上牧実行組合」(高槻市上牧町)によって維持管理がされています。特に、早春にヨシ原に火を入れ、雑草や害虫などを減らすヨシ原焼きはとても重要な手入れですが、2016年は天候不良によりヨシ原焼きが実施できませんでした。

このため、カナムグラやゴキヅルが繁茂し、ヨシに巻き付いて倒したり、ヨシに日光があたらなくなることが予測されます。

つる性植物を抜くことで、ヨシが成長しやすい環境が整い、篳篥に適したヨシを多く育てることができるようになります。 

カナムグラに巻き付かれて倒れるヨシ
カナムグラに巻き付かれて倒れるヨシ

 

●つる草抜きは効果があるの?

1979年から1984年にかけて、カナムグラを抜き、ヨシを回復させる実験が実施されました。

それにより、カナムグラを抜き取ることによって、ヨシの回復が可能であることが確認されています。

 

[カナムグラ除去区のヨシの本数の変化]

1979年   9.1本/㎡

1980年 20.7本/㎡

1981年 27.2本/㎡(平均的なヨシ群落の数値と同程度)

1982年 24.2本/㎡

1983年 34.4本/㎡

1984年 30.1本/㎡

 

資料:高槻市保険環境部環境保全課

「『鵜殿のヨシ原』保全対策調査研究報告書ー都市における自然の再生ー」(1985年)